ギックリ腰などの急性腰痛、ジクジクした鈍痛が長期間続く慢性腰痛。
腰痛には、大きく分けて2つのタイプがありますが、どちらの腰痛も、「冷え」によって起こる痛みの代表的な症状でもあります。
鍼灸・マッサージ治療で緊張した筋肉と気持ちを緩めることにより、症状を改善する事が出来ます。

腰痛とは?

腰椎・椎間板・椎間関節・靱帯・筋肉や筋膜の障害・内臓の病気によって起こる腰部周辺の痛みの総称です。
しかし、最近の研究では、正確に診断が可能なのものは少なく、全ての腰痛患者の約80%は原因不明といわれています。

腰痛の原因

・椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症
・腰椎すべり症・分離症
・背骨・骨盤の歪み・・・etc

腰痛の原因は、色々と言われていますが、本当に正しいのでしょうか?
「ヘルニアや骨の変形が神経を圧迫して、云々・・・」などと説明をされたことはありませんか?

本当に神経が障害されているのなら、排尿・排便障害、運動麻痺・知覚麻痺などが起こるはずです。
しかし、そのように重篤な腰痛は、腰痛患者の20%程度に過ぎません。
残りの80%は原因不明といわれ、欧米では、ほとんどの腰痛が、筋肉の緊張や拘縮に起因するというのが、一般的な考え方になって来ています。
また、ガンや尿路結石などの内臓の病気によって起こる腰痛もあるので注意が必要です。

では、なぜ筋肉の緊張や拘縮が起こるのか?

古典医学では「冷え」や「精神的ストレス」が影響して筋肉や軟部組織が硬くなり、緊張や拘縮を起すと考えます。
その結果、痛みや運動制限が起こるのです。

腰痛のマッサージ・鍼灸治療

A.急性腰痛
・激しい痛みが治まるまで、患部を氷のうやアイスノンで冷やし、自宅で安静を保ちます。
・痛みが少し和らいだら患部の施術を避け、首~背中、腕や足など遠隔部に「冷え」を改善する鍼灸・マッサージ治療を行います。

B.慢性腰痛 「冷え」を改善する鍼灸・マッサージ治療に加え、患者さんの状態を見極めならが、疼痛緩和や拘縮の改善を目的に患部への鍼灸・マッサージ治療やストレッチなどを行います。

当治療院では、腰痛を下記の3つのパターンに分類します。

・身体を前屈みにすると痛い。
・身体を後ろに反らすと痛い。
・身体を左右に倒したり、捻ったりすると痛い。

それぞれの動きを分析して最適なツボを選び出し、個々の症状の改善に最適な治療を行うように努めています。

腰痛のセルフケア

痛みの強い急性腰痛は、患部を氷のうやアイスノンで冷やして安静を保つことが大切です。
マッサージやストレッチ・腰痛体操などは、してはけません。
また、お風呂で温めたり、患部を温めたりしてもいけません。
数日間安静を保った後、痛みが和らいできたら痛くない範囲で少しずつ動かすようにします。

慢性腰痛の場合は、ストレッチや腰痛体操などで積極的に身体を動かすようにします。
痛いからといって動かないと痛みが治まらないばかりか、更に痛くなってしまうこともあります。
また、患部や下肢を温めることも大切です。逆に言うと下着や靴下などを工夫して冷えないように下半身を暖かく保つことが重要です。

コルセット(腰痛ベルト)や湿布薬は、常用しないようにしましょう。
コルセットは、腰の筋肉を補助したり、腹圧を高める事によって痛みを和らげます。
そのため、毎日のように装着していると、腰やお腹周辺の筋肉が衰えて、更に腰痛が悪化してしまいます。

湿布薬など消炎鎮痛剤の代表的な成分は、痛みの原因物質であるプロスタグランジンの産生を阻害する働きがあります。
そのため、湿布薬を張ると痛みが出なくなるのです。
しかし、湿布薬は痛みを一時的に抑えているだけで、組織を修復してる訳ではありません。
むしろ、患部の血行を悪くするので、組織の修復を阻害してしまいます。
また、交感神経を緊張状態にするので、さまざまな悪影響を身体に及ぼしたり、全身の血流を悪くしてしまいます。

コルセット(腰痛ベルト)湿布薬は、一時的に痛みを抑えるために使用するようにして、毎日のように使い続けないように注意してください。